« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.24

「さよならパソコン通信」イベント開催!!!

ようやく場所が確定しました。あと一週間なのに、今日からご案内開始です(笑。

場所:DINING BAR mixing(新宿駅から徒歩1分)
日時:2006年3月31日 20:00~23:30(閉店まで貸し切りです)
参加費:5,000円

20:00~23:30の間でいつ合流しても良いし、終電近くまでのぶっ通しイベントだから、2次会に場所を変える必要もないし、無線LANは使えるし、プロジェクタも使えるし、参加しやすいのではないでしょうか。
# 飲み物ラストオーダー時間には注意!
# 現在、できるだけ遅くしてもらえるようお願い中。

参加枠100名の会場ですが、mixi以外で既に個別に参加連絡をいただいている方が10名ほど。mixiのコミュで参加登録すれば、80番目以内だと余裕でばっちりOKです。現時点で27名の参加登録があります。

mixiのコミュで、イベント企画案の公開検討会も開催中です。これは!というアイデアがあったら、ぜひ提案してください。なぜmixiで、というツッコミは無しで(笑。

詳細はこちらへ。
(遊): さよなら、パソコン通信オフ、場所など確定

mixiのコミュはこちら。
mixi の「さよならパソコン通信」コミュニティ
mixiのアカウントが無いよという方は、メールでも申し込みできます。

かつてFPDA/FPALMOS/FENOTE/FSNOTEに参加したというかたで、mixiアカウントが欲しい方は、このエントリーにコメントして戴いても結構です。ただし、FPDAコミュに参加してね(笑。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ザウルス SL-C3200レビュー

ASCII24内のSHARP PC ONLiNEに、担当させて戴いたザウルス SL-C3200のレビュー記事が公開されました。
おって、ASCII24のレビューページでも公開されるそうです。

SHARP PC ONLiNE 24:ザウルス SL-C3200

ボリュームが、当初依頼された時より5割り増しに(笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.17

「まるごと京ぽん2&洋ぽん」読了!

技術評論社の、お世話になっている編集さんから「まるごと京ぽん2&洋ぽん」を戴きました。
いつもありがとうございます!!!!!

それにしてもこの本のテーマ、良いところを突いてますね~。

というのも、今は京ぽん2オーナーになっている私ですが、買うときには京ぽん2にするか洋ぽんにするか、本当に散々迷いました。個人的にはJavaよりも、ザウルスでお気に入りのタブ対応NetFront搭載というところに魅力を感じて、ほとんど洋ぽんに転びかけていたのですが、京ぽんで慣れたOperaも捨てがたい、何よりBluetoothも使いたい……。

結局、量販店の受付窓口に座り込み、店員さんの許可を戴いて両端末をいじり倒しつつどっちがいいかなぁと色々相談をしていたところに、タイミング良く相談していたmemn0ckさんからのアドバイスが到着。店員さんイチオシだった両サイドのズームボタンの使い勝手にも惹かれ、京ぽん2にしたのでした。

と、話が書籍紹介じゃなくなってしまってますが(^_^;、この本の著者さんは、記事を書くために両方の端末を購入、散々いじり倒した上で執筆されたそうです。確かに、細やかな記事内容にそれを感じ取れますし、私は京ぽん2しか詳細がわかりませんが、両端末のメリット、デメリットを的確に紹介しているのを実感します。

個人的には、これまで知らなかった文字入力の逆トグルの機能の存在を知ったこと(^_^;、あきらめていたGoogleローカルが、制限付きながら実は表示できること、細かくチェックできてなかったFlashアプリの全体像を知ることができたことなど、いくつも新しい知識を知ることができて感謝した一冊でした。

京ぽん2&洋ぽんのどちらにするかで悩んでる人も、どちらかを買ったけどもう片方も気になるという人にもぴったりの本ですね。ボリュームがあるので、2台扱っているから内容が薄いなんてこともありません(笑。お買い得かも。

あーでも、どっちにするか迷っている方が、両方の魅力を知ってますます迷うことになる可能性もあるかも……。

まるごと京ぽん2&洋ぽん
佐野 正弘
技術評論社 (2006/03/14)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

W-ZERO3 パワーナビゲーター

おお、ようやく発売ですね。おめでとうございます~>関係者の方々

それはもう、発売を楽しみにしていた本です。
それにしても、500ページってすごすぎ……。
読み応えたっぷりな予感。

W-ZERO3 パワーナビゲーター
W-ZERO3応援団+
技術評論社 (2006/03/18)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2006.03.16

ウィルコムファンサイト W-ZERO3 オープン

既に各所で取り上げられているので思いっきり出遅れておりますが(^_^;、昨日、「ウィルコムファン W-ZERO3」がオープンしました。

アスキーが運営する、ウィルコムデバイスのファンサイトです。今後は京ぽん、洋ぽんなども対象にする計画(というか希望、願望、欲望、野望?)だそうですが、まずはW-ZERO3専用サイトといっても過言ではありません。

内容はまだまだ入門編という感じでまだ記事数も少ないですが、これからどんどん増やしていく計画とのこと。MovableTypeを使って記事が投稿されるようになっていて、記事単位にトラックバックも可能です。アスキーとしても新しい試みなのではないでしょうか。今後の展開がすごく楽しみですね。

といいつつ、私もライターの一人として声をかけて戴いて参加しています。連絡用MLの通数もうなぎ登りで、少し油断すると未読が100を越える勢い。一日、出かけていると付いていくのに精一杯です。そんなときにこそW-ZERO3の出番な訳ですが、じっくり読む時間が無くて流し読み状態(笑。

個人的には、某ISPでPalmOSのテーマサイトを立ち上げたころの騒ぎを思い出します。そういえば、あのときのスタッフが私も含めて3人ウィルコムファンにもライターとして参加しています。この3人以外のライター陣は、今をときめくそうそうたる面々。誰が書いているかは、記事のフッタ部分にハンドル名があるのでチェックしてみるのもありかも。

オープン記念「ウィルコムファン W-ZERO3: オープン記念!W-ZERO3ほかドーンとプレゼント」も開催中です。ああ、私も応募したい……(笑。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

今日はPaseo生誕10周年オフ

Paseoとは、1996年から1997年にかけてNTT発ベンチャーであるNTTファン企画という会社が、当時話題だったMagicCap OSを搭載したデバイスを使って試験サービスです。

今日は、その当時に知り合った方々とのPaseo生誕10周年オフの日です。サービス終了後にデバイスを返却してしまったのでMagicLinkは既に手元にありませんが、今日は当時のアイテムも色々登場しそうで、久しぶりに触れそうです。当時話題になったPaseoまんじゅうもリターンの予定。楽しみ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.14

小池徹平主演「ラブ★コン」のロケ地

小池徹平主演映画「ラブ★コン」に、相模原公園でのロケシーンがあるんですね。へぇへぇへぇ。

撮影は、昨年の11月末に行われたとのこと。ってことで家族に知らせたら、ひじょーに残念がってました。事前にわかっていたら……って、そりゃ無理だって(^_^;。

相模原フィルム・コミッション:インフォメーション | 映画ラブ★コンの製作発表がありました。
ラブ★コン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.11

ZAURUS SL-C3200

sl-c3200
手前がSL-C3200で、隣にあるのがSL-C3000。レビュー記事用貸出機ですが、外観は色以外全く同じ。

ちなみに、

zps110
搭載されているザウルスフォトストレージのバージョンは1.1.0。3/8に公開されたザウルスフォトストレージ 1.0.2 と何が違うのかは不明。

これ以上は、後日公開予定のレビュー記事依頼元サイト様でということでどうかひとつ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2006.03.10

PalmMagaizine 永久保存版(ファイナル)

あ、もう販売情報が!

PalmMagazine編集担当のHさんが、度重なる艱難辛苦を乗り越え、執念で天竺に……じゃなくて、出版許可を得たPalmMagazine 永久保存版(私は一年間ファイナルと呼んでいたもの)が、ついに発売されます。

[ Palm Magazine 永久保存版 コンピュータ書籍専門ネット書店 cbook24 ]
「Pilot」が世に出てから10年目の今年、Palm市場は死んだのか?――否。
PalmSourceを買収したACCESSインタビュー、「プロジェクト・パーム」未発表作品(一部抜粋)など魅力的なコンテンツを収録!

今回、私が絡んだのは、英語版Palmを使うための特集ページ、元パームコンピューティング(株)社長クレイグ氏インタビュー、(覆面?<じゃなくなったっぽい)座談会といったところです。他にも、久々登場、ロブ灰谷氏のインタビューや、山田さんがいく突撃アクセス社インタビューなども。さらに既刊全PalmMagaizneのPDFデータも付くらしい……。ってことで、これ買いではないでしょうか。

Palm Magazine 永久保存版
Palm Magazine 永久保存版
posted with amazlet on 06.03.17
アスキー書籍編集部
アスキー (2006/03/28)

via.
taichi :: palm blog: PalmMagazine永久保存版
Good News Forever@はてな:[Palm]Palm Magazine 永久保存版

| | Comments (1) | TrackBack (2)

2006.03.08

W-ZERO3はPDAを殺すか

記憶に新しい?ところでは、かつてシグマリオンの登場が、実質的にメーカ直販のHPCを一掃してしまいました。山田さんのご意見も、この経験を踏まえてのことと推測しますが……。

[ MOBILE DAILY NEWS blog版 - 曇り ]

それから,インセンティブのある携帯電話って犯罪的だよな。W-ZERO3が日本のPDAを殺すんだろうね。やっぱり。いや,そんなことがないといいのだけれど。

私もW-ZERO3登場がわかった時点で同じようなことを考えました。まあ、W-ZERO3の登場如何に関わらずPDA市場は縮小していたわけで、もう一度活性化するには、パソコンの普及にインターネット、ブロードバンドが貢献したように、携帯電話の普及にメール、iモードが貢献したように、PDAにもPDAならではの携帯電話なみのインターネット通信機能の標準搭載(というかモジュール対応)は必須というか、スマートフォンがこれからのPDAに代わって必要となるだろうと信じていました。なので、国内キャリアの対応にイライラしつつ、Treoの国内販売が実現しないかと画策していた(というほどのことはしてないけど)わけですが……。

そして、W-ZERO3にかかわらずスマートフォンとなると携帯電話と直接対決になるわけで、そうなると現状ではインセンティブ販売じゃないと勝負になりません。こういうこともあって、現時点でW-ZERO3とそのインセンティブ販売は、PDAの便利さが再び認知されるための経過地点であって欲しいと思っています。まあ、インセンティブ制度が維持できる間は続くでしょうけど。

その点、通信部分が、モジュール型でありながらWake On Ringも実現できているW-SIMという仕組みのW-ZERO3が開いていくであろうこれからには、色々な意味で期待しています。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

シャープ、新型ザウルス<SL-C3200>発売

今回の目玉は、HDD容量のアップですね。このサイズの機器としては、最も拡張性が高くハイスペックなデバイスだと思います。iPodや電子辞書がこれから進化していく先のハードウェアとも言えます。後はやっぱり、利用シーンとしてどう提案していけるかでしょうか。ここ数年、PDAから個別の機能を切り出したデバイスへと進化してきました。そしてまたトレンドがPDA(PDA型スマートフォン含む)に戻ってくれるといいんだけど……。

パーソナルモバイルツール“ザウルス”<SL-C3200>を発売 | ニュースリリース:シャープ
@nifty:PDA Forum(FPDA) - on the blog.: シャープ、新型ザウルス発売
ITmedia +D モバイル:6G HDDと豊富な英語コンテンツを搭載したザウルス「SL-C3200」
シャープ、6GB HDD搭載の「ザウルス SL-C3200」
シャープ、6GB HDD内蔵ザウルス「SL-C3200」
シャープ、新型ザウルス「SL-C3200」--6GバイトHDD搭載し収録コンテンツ強化 - CNET Japan
シャープ、6GBのHDDを搭載したパーソナルモバイルツール“ザウルス”『SL-C3200』を発売――新TOEICテスト対応の英語学習コンテンツを収録
Japan.internet.com ワイヤレス - 「ザウルス SL-C3200」でニュアンスのテキスト音声合成ソフトウェアを採用

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.06

FPDA@mixiが……

登録メンバー100人になりました。わーいわーいヽ(^o^)丿。
FPDA@mixi

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »