« Zope Weekend 5に行ってきました | Main | Sleipnirのブックマークがこわれた »

2005.02.21

PDAと携帯電話の境界線

[ PDA 市場はプラス成長? それともマイナス成長?(Japan.internet.com) ]
PDA 市場はプラス成長しているのか、それともマイナス成長しているのか。大手 IT 調査会社2社の間で、見方が分かれている。
GartnerとIDCの調査でPDA市場の成長評価が全く逆に分かれている原因を述べた記事。スマートフォンはPDAか否かという点で議論しても不毛な気もしますが、
両者の調査結果の違いに大きく影響したのは、Research In Motion の『BlackBerry』製品だ。Gartner は BlackBerry シリーズのうち、『BlackBerry 7100』を除いて PDA として統計しているが、IDC では通話機能付き BlackBerry 製品を、PDA から除外している。
を読むと、単純に通話機能のあるなしで評価基準を分けるのは良い調査報告ではないなぁというところ。まあ、複数ジャンルでダブルカウントすると全体としての数字とつじつまは合わなくなってしまうけど、まるっきり除外してマイナス成長としてしまうのはどうかなあという気もします。
Gartner の Kort 氏は、両社の解釈の差について、「IDC の定義に従えば、あと2年もしたら PDA は死滅する。IDC の論理によると、パソコンにテレビチューナーカードを差せば、その瞬間にパソコンではなくテレビになってしまう」と語った。
これはその通りですねぇ。

|

« Zope Weekend 5に行ってきました | Main | Sleipnirのブックマークがこわれた »

Comments

携帯電話とPDAの関係について一ユーザとしても悩ましいところなのだけど、個人的に何を問題にしているかを述べると、

スケジューラのデスクトップとの連動。

これに尽きます。
わたしの場合はすべてがここを中心に回っています。
98年4月からの電子日記の形になって保管されているわけで、すでに7年ですか・・・・・。

携帯電話でもPDAでも機械は問わないのだけど、こんなこと出来ることを問題にするから、携帯電話では辛いから通常のキーボード付きの機械が欲しいと思う。

一方で、携帯電話をラジオとしている身分としては「一台になってくれないかな」でもあるわけで・・・・・。

悩ましい。

Posted by: 酔うぞ | 2005.02.23 at 10:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2525/3019133

Listed below are links to weblogs that reference PDAと携帯電話の境界線:

« Zope Weekend 5に行ってきました | Main | Sleipnirのブックマークがこわれた »