« livedoor スカイプ、livedoor コンテンツとの連携を強化 | Main | palmOneのブラッドリーCEOが辞任 »

2005.01.25

無料URL圧縮サービスが利用件数150万突破

150万件ってすごいですね。みんなそんなに使っているのでしょうか(^_^;。

これって、入力されたURLにその都度番号を割り当てて、それをクエリーとして転送CGIを呼び出しているだけという気もしますが、何か凝った仕組みでも実装されているのかな。同じURLを何度か登録してみても別のIDになるみたいで、既存データとの照合はやってないみたいですね。

[ Japan.internet.com Webビジネス - 無料 URL 圧縮サービス、利用件数150万を突破]
無料 URL 圧縮サービスを行っている target=_blank>株式会社ハヤトは2005年1月24日、 URL 圧縮サイト「 target=_blank>クイック URL」(QRL.JP)で1月20日に150万件利用を突破した、と発表した。
あ、数字部分しか変わらないので、パソコンで確認したURLをケータイにいちいち転送するという手間は不要になりますね。でもそれなら、QRコードを生成するサイトへ転送するか、ケータイに簡単にURLを転送できるようなBookmarkletを使った方が便利かも。あ、これ、作りたいかも(笑。

|

« livedoor スカイプ、livedoor コンテンツとの連携を強化 | Main | palmOneのブラッドリーCEOが辞任 »

Comments

私がよく使っているのは http://tinyurl.com/ というところで、ここは同じ url を入れれば、同じ結果が出てくるみたいです。

で、どういう url で使うかというと・・・wiki の url です。

wiki の日本語ページはとんでもなく長く分かりづらい url になるので、メールなどで送るときも困るんですよ。

そういうときに、http://tinyurl.com/ の出番というわけです (^^)

Posted by: Tiger | 2005.01.26 at 09:11

おお、以前話題になったのはこちらでしたね。なるほど同じURLを変換すると同じ結果になりますね。この方が自然な感じです。

確かにWikiのURLは長いですね。日本語だとエンコードしちゃってるからなおさら意味不明……。

でも、第三者の中継に頼るって不安な私は考えすぎでしょうか?転送サイトより先に自分のサイトの方が消えてしまいそうですが(笑。

これからは、Wiki本体に短縮URL機能(というかURL割り振り機能?)があってもいいのかも。

Posted by: minotan | 2005.01.26 at 11:18

はじめまして

ホスティング型のWikiサービスやってます。

コメントへのコメントということで少し話しずれるのですが、Wikiの短縮URL機能実装してます。
作成したページに自動的に番号を振って、
http://www1.atwiki.jp/test/pages/1.html
のようにアクセスできるようになっています。

@Wiki無料Wikiレンタルサービス
http://atwiki.jp

ここからお試しすることができます。
http://www1.atwiki.jp/

よろしくおねがいします。

Posted by: らく | 2005.02.14 at 22:40

らくさん、はじめまして。

Wikiのホスティングサービスいいですね。URL短縮(というか連番)機能もサービスに盛り込まれていると安心して使えますね。早速ブックマークさせて頂きましたm(__)m。

Posted by: minotan | 2005.02.15 at 12:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2525/2689781

Listed below are links to weblogs that reference 無料URL圧縮サービスが利用件数150万突破:

« livedoor スカイプ、livedoor コンテンツとの連携を強化 | Main | palmOneのブラッドリーCEOが辞任 »