« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.20

京ぽんの本

しばらく前から、見かけたら買おうと思っていた「京ぽんの本 京セラAirH" PHONE AH-K3001V活用術」を発見。購入しました。

内容的にはインターネットで情報を探せる人ならあっと驚くことは少ないですが、京ぽん、いやPHSへの愛情あふれる記述になっています。京ぽんで使うと便利なリンク集としても、がんばって集めたなぁという感じ。

私的に一番いいなと思うのは本のサイズ。コンパクトで読みやすいですね。以前、PDA本の企画の時に、このサイズにして分冊化しBOXにできませんか?といったことを話したことがあるのですが、それはそれでまた難しい事情もあるんでしょうね……。って、話がずれてきたかな。

京ぽんの本
・著者:魚輪タロウ
・定価:1,260円(税込)
・B6変型判 160ページ
・ISBN4-8399-1581-4
・発売日:2004年08月12日

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.19

笑いの文化人講座

おっと、思わぬサイトで20年以上前の自分の活動記録を発見してしまいました。
いわばカミングアウトかも。

「笑いの文化人講座」FANの部屋-データ集-文化人講座・年間ランキングTOP20-昭和57年-11位。

恐るべきさぬきうどんといえばホットカプセル、ホットカプセルと言えばタウン情報かがわ(TJ Kagawa)、タウン情報かがわと言えば笑いの文化人講座<強引。

当時は、ネタを探してはせっせと投稿。文化人ステッカーも結構もらった記憶が……。投稿したネタは、確か単行本の1巻と2巻にもちょっとだけ載ったと思います。

翌年には東京へ出てきてしまったので、それっきりばったり投稿しなくなっちゃったけど(^_^;。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.08.17

サイドバーに掲示板・チャット状況表示

ブログのサイドバーにミニ掲示板をつける方法はいくつかありますが、ふと思い立ってあそびをせんとやうまれけむ:伝言板で話題にしていた、サークルの最新状況をJavaScriptにして出力するCGIを作ってみました。このページの右上にあるのが出力結果です。

現在は、
・β版。
・URLのid=のところを変えれば他のサークルを表示。
・情報は、前回のチェックから10分以上経ったら更新。
・文字コードはUTF-8とEUCとSJISに対応。デフォルトはUTF-8。
 変更は、URLに「&code=euc」「&code=sjis」を追加。
・掲示板の発言タイトル表示機能は要望があれば。
・html表示でテストする場合は「&type=html」(js以外)を追加。
・エラー対策ほとんど無し。
という感じ。

サークルは、ニフティ会員はすぐ、さらに会費無料の@nifty ID登録でも開設可能で、書き込みをメンバー登録でコントロールでき、チャット機能もくっついているのが大きな特徴ですね。さらに、メールアドレス無しでWebブラウザや専用ソフトでやりとりできる@niftyメッセンジャー(デリポップ)やアクセス履歴がわかる似顔絵付きプロフィール機能と連動しているのも特徴です。って、ココログオーナーが使うと便利な機能として、ニフティがもっとPRすればいいのになぁ。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2004.08.16

TVキャプチャカード

最近パソコン部屋に置いてある14型テレビデオの調子が悪く、電源を入れてから画像が出てくるまで砂嵐が数分続くという状態になってしまいました。

これは買い換えかなぁとは思っても、今更ブラウン管テレビ買ってもなあとか、液晶テレビは安くても4万円くらいしちゃうなあとかうだうだ考えているうちに、今はバックアップ機となっている数ヶ月前まで使っていたVAIOノートSRX7があることを思い出し、これを液晶テレビにしてしまおうとTVキャプチャカードを購入することにしたのでした。テレビに比べて画質はかなり悪いだろうけど、まあ放送内容がわかればいいかなという程度の期待で。

で、USB2.0の無いノートPCで使えるリーズナブルな価格のものということでBUFFALOのPC-SMP2E/CBを購入。早速取り付けてみたところ、無事テレビパソコンとなりました。画質はまあやっぱりそれなりですが、ワンタッチでハードディスク録画もできて結構便利。実売で1万円しないのもナイスでした。今は、ネットにつないでiEPGで予約してみたりして楽しんでます。
PC-SMP2E/CB

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ICレコーダー

インタビュー取材の時は、いつもソニーのICレコーダー(ICD-MS2)を使っています。保証書を見ると、購入したのは平成13年3月なので、かれこれ3年以上使っていることになりますね。

それまでもいろいろなICレコーダーを買っていましたが、これを買ってからは買い換えが一段落。なぜかというと、記録メディアがメモリースティックなので後から容量を大きくできたこと以上に、付属のPC用ソフトが優秀だったからでした。

書き起こしキーというモードがあり、他のソフト(エディタ)と併用しながら、PCのキーボードで再生や停止、ちょっと巻き戻し、ちょっと早送りなどが可能です。この使い勝手になれていたので、その後多くのPDAにボイスメモ機能が搭載されても、結局それらはちょっとしたメモや遊び程度にしか使わず、仕事ではいつもICD-MS2を使っているのでした。

でも、レコーダーを使えばほぼもれなくインタビューの内容を網羅した記事が書けますが、取材メモからだけの書き起こしに比べて原稿を書き上げる時間は数時間よけいにかかります。時間を節約したいときは、録音はしたものの結局再生せずにメモからだけ原稿を起こすということもしばしばありました。

レコーダーを使う一番の魅力は、メモの取り損ないが無いので、インタビュー時に安心してトークにのめり込めるというところでしょうか。といっても、これは能力があればカバーできることではあると思いますが(汗)。

今はどのICレコーダーも大容量になってきたので、録音時間で不安になることはないと思います。後は、再生ソフトの出来次第かな。ICD-MS2は、プレーヤーソフトがWEBサイトで公開されていて、それをデータと一緒にCD-Rに焼いて編集者に渡すということもしたことがありますが、データ圧縮がソニー独自方式なので将来的には不安があります。そろそろ買い換えるかなぁ……。

いつの間にかこんなサイトも出来てました。>IC RECORDER

ICD-MS2

おっと、触発されたエントリーへのリンクを忘れてましたm(__)m。

[ 新佃島・映画ジャーナル : インタビュー記事の面白味 ]
今回はCLIEのボイスレコーダー機能を使ってみた。これはあくまでも補助的なものだが、結論から言えば録音はあった方が助かる。しかしCLIEのボイスレコーダー機能はまったく使い物にならない。インタビュー取材に使うなら、専用のICレコーダーがあった方がいいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.09

PDA feed

7/26のエントリで紹介した「PDAユーザーblogエントリー新着順表示(PDA feed)」ですが、詳細表示ページが表示されていませんね(汗。テスト段階では表示されていたのですが、やはりJavaScirptが大きくなりすぎているのかも…。

このPDA feedのhtml版はPDA feedにあるのですが、いくつかのオプションがあります。

全件表示だと、キーワード抽出せずに時間順に全件表示します。概要が茶色のエントリーはキーワードがひっかからなかったのですが、結構取りこぼしがありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »